REQUEST 御予約リクエスト
沖縄にはまだ、奥がある
沖縄にはまだ、奥がある
沖縄にはまだ、奥がある
沖縄にはまだ、奥がある
沖縄にはまだ、奥がある
沖縄にはまだ、奥がある
with nipponia
↓
5/21~15組様限定スペシャルツアーのご案内
5/21~15組様限定スペシャルツアーのご案内

シェルパの案内で過ごす旅宿
南溟森室-なんめいしんしつ-

VILLAGE ADVENTURE RESIDENCE
太平洋と東シナ海の間。
珊瑚礁に囲まれた穏やかな海と
亜熱帯の森の間に、
その昔、数多くの集落が生まれました。

ここは今も、自然の時間と人間の
時間が交差する場所。
おごそかに優しく、生きとし生けるものたちを
なでる風が吹き渡っています。
EXPERIENCES
体験
南溟森室-なんめいしんしつ-がご提供するのは、
400年の時を超えて残る古集落の一軒宿に宿泊し、
*シェルパ -水先案内人-の案内で沖縄の自然と
島文化に分け入る冒険の時間です。
シェルパについて
シェルパについて
シェルパとは、訪れる人の旅をローカルな知識と
ネットワークでサポートする水先案内人。
旅人の半歩先を歩き、
知らなければ通り過ぎてしまう土地の魅力を伝え、
文化を担う人との出会いを呼び込みます。
南溟森室では、シェルパが旅程の
コーディネートからお手伝いいたします。
Special Tours
スペシャルツアー
特に人気が高く予約の取りづらい
アクティビティに特化した
テーマ型パッケージツアーをご用意しました。
シェルパ画像1
シェルパ画像2
シェルパ画像3
MODELPLAN
モデルプラン
STANDARD
2泊3日 | 朝食2回 夕食1回付き | 集落案内 | プライベートアクティビティ1点
  2名1棟ご利用の場合
:お1人様あたり52,500円(税込)〜
※お部屋によって料金は異なります。
standardplan01 standardplan02 standardplan03 standardplan01 standardplan02 standardplan03
SELF
1泊2日 | 素泊り | 集落案内
  2名1棟ご利用の場合
:お1人様あたり23,250円(税込)〜
※お部屋によって料金は異なります。
selfplan selfplan selfplan selfplan selfplan selfplan
PREMIUM
2泊3日 | 朝食2回 夕食2回付き | 集落案内 | お食事アップグレード1点 | プライベートアクティビティ2点
  2名1棟ご利用の場合
:お1人様あたり90,000円(税込)〜
※お部屋によって料金は異なります。
premiumplan01 premiumplan02 premiumplan03 premiumplan premiumplan premiumplan premiumplan
SPECIAL
2泊3日 | 朝食2回 昼食1回 夕食1回付き | スペシャルプラン
オリジナルアクティビティ2点

  2泊3日
1名様 324,200円
(お一人様あたり324,200円)

2名様 324,200円
(お一人様あたり162,100円)

3名様 370,400円
(お一人様あたり123,467円)

4名様 416,600円
(お一人様あたり104,150円)

5名様 462,800円
(お一人様あたり92,560円)
FULLORDER
∞泊∞日 | 食事∞回 〜
| プライベートアクティビティ ∞点 | ∞円/人
日程にゆとりのあるお客様には、
やんばるの自然と島文化を味わい尽くす
フルパッケージプランを
おつくりすることも可能です。

※お日にち、ご利用人数により
変動いたします。
PRIVATEACTIVITY
プライベートアクティビティ
7つのテーマで20以上の
プライベートアクティビティを
ご用意しています。
ご予約リクエストをもとに、
気候や時節柄に合わせて
担当シェルパがお客様にとって
最高の滞在をコーディネートいたします。
基本的には南溟森室に
ご宿泊のお客様のみで催行いたしますが、
稀にその限りではない場合がございます。
海と人
#獲る #潜る #渡る
神と人
#拝む
森と人
#守る #採る #観る
音と人
#奏でる #踊る #聴く
蔵と人
#醸す
技と人
#こしらえる #火を操る #かまど料理
畑と人
#土 #水 #育む
海と人
#獲る #潜る #渡る
神と人
#拝む
森と人
#守る #採る #観る
音と人
#奏でる #踊る #聴く
技と人
#こしらえる #火を操る #かまど料理
蔵と人
#醸す
畑と人
#土 #水 #育む
-
-
お食事について
お食事は、旬のもの・土地のものをさまざまな形でご提供いたします。
プランに含まれる回数に応じて以下よりお選びいただけます。
朝食
・できたてご飯と手づくりおかずの朝定食
おかずは、地元のおかあさんが手づくりしたお惣菜です。
・県産食材の美味しさを閉じ込めたフローズンフードを冷凍庫にご用意。
県内の人気飲食店と提携して取り寄せています。
※ ベーグル・スムージーなど
夕食
・地元で人気の食堂へご案内
シェルパがお席の手配、
お部屋でのお食事を希望の場合は、シェルパがお食事をお届け
・地元で人気の飲食店の特製BBQセット
食文化体験のプライベートアクティビティをお選びいただくお客様には、さらに特別なお食事でおもてなしさせていただきます。
アレルギー対応はご相談ください
-
-
ROOMS
一棟宿
お部屋はすべて、集落の中にございます。
集落の個性と、各棟の個性をお楽しみください。
喜如嘉集落
01
仲門–Nakajo–
木造平家建てで土間とかまどがある昔ながらの間取りです。お庭にはマンゴーの木と井戸。隣地では、今に受け継がれる機織りの伝統「芭蕉布」の原料「糸芭蕉」が、集落の人びとの手で大切に守り育てられています。
-
SIZE 68㎡
GROUP
2〜7人
BED ダブルサイズ(140×195)2台
FUTON シングルサイズ(100×210)4組
プラン例(1棟2名様利用の場合)
SELF
(1泊2日)お1人様 46,250円〜
一棟合計 92,500円
STANDARD
(2泊3日)お1人様 89,250円〜
一棟合計 178,500円
-
喜如嘉集落
02
仲福屋–Nakafukuya–
沖縄のモダン建築であるコンクリート造平家建て。バーベキューテラスのあるお部屋です。公民館や、伝統的な機織りの見学ができる芭蕉布会館がすぐそばにある集落の中心地にあります。
-
SIZE 58㎡
GROUP
2〜7人
BED ダブルサイズ(140×195)2台
FUTON シングルサイズ(100×210)3組
プラン例(1棟2名様利用の場合)
SELF
(1泊2日)お1人様 23,250円〜
一棟合計 46,500円
STANDARD
お1人様 52,500円〜
一棟合計 105,000円
-
謝敷集落
03
久志–Kushi–
木造平家建て。もともとは土地の神様となったご先祖様の仏壇を守るために建てられた私邸で、今でも大切に仏壇が受け継がれています。半露天の五右衛門風呂・かまど・縁側があり、広いお庭には自生した植物たちが自然のままに育っています。
-
SIZE 54㎡
GROUP
1〜3人
FUTON シングルサイズ(100×210)3組
プラン例(1棟2名様利用の場合)
SELF
お1人様 39,000円〜
一棟合計 78,000円
STANDARD
お1人様 77,750円〜
一棟合計 155,500円
-
謝敷集落
04
上ン根–Unni–
沖縄のモダン建築であるコンクリート造平家建て。集落の森のすぐ麓にあり、耳をすますとヤンバルクイナの鳴き声が聞こえてきます。土地の持ち主が大切にしてきた赤瓦を積み重ねてデザインに。半露天風呂・オープンテラスのあるゆっくりできるお部屋です。
-
SIZE 38.22㎡
GROUP
1〜2人
BED ダブルサイズ(140×195)1台
プラン例(1棟2名様利用の場合)
SELF
お1人様 34,000円〜
一棟合計 68,000円
STANDARD
お1人様 69,700円〜
一棟合計 139,400円
-
-
お部屋について
Wi-Fi 全客室に完備
ルーム&バスアメニティ 冷蔵庫・冷凍庫・コンロ・オーブンレンジ・電気ケトル・扇風機・食器・カトラリー・厨房器具・
土間ばき用サンダル・スピーカー・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・
ハンドソープ・バスタオル・フェイスタオル・ドライヤー
---
以下のアイテムはご宿泊当日にご入用のものをご用意させていただきます。
歯ブラシ・レイザー・綿棒・コットン・化粧水・乳液・メイク落とし・フェイスソープ
※寝間着のご用意はありませんので、ご持参ください
水回り バス・トイレ・洗面台別、バスタブ、洗浄機能付きトイレ
こども添い寝 お子様料金について
・0〜4歳:無料 *アクティビティーの保険料など一部請求がある場合もございます。
・5〜12歳:食事や寝具の利用状況、プライベートアクティビティーによって異なります。詳しくはお問い合わせくださいませ。
・13歳〜 :大人料金でのご案内となります。
ペット ペットの同伴につきましては、事前にご相談ください。
その他 チェックインは15:00です。到着が遅れる場合は必ずご連絡ください。
当施設は全部屋禁煙です。敷地内のテラス・縁側は喫煙可能ですが、
灰皿はございませんのでお客様ご自身でご用意ください。
当ホテルでは元の古民家の雰囲気を大切にしているためバリアフリー対応はしておりません。

[キャンセルポリシー]
キャンセル料は下記の通り申し受けます。
7日前 宿泊料の30%
前日・当日 宿泊料の100%
不泊 宿泊料の100%
-
-
世界自然遺産と私たち
南溟森室がある琉球列島
沖縄島北部(通称 : やんばる)は、
2021年の夏に世界自然遺産に登録されました。
人びとが自然と手を取り合って
静かに暮らしてきたこの場所に、
ここでしか見られない珍しい
固有種や深い森を求めて
日本じゅう、世界じゅうから多くの方々が
訪れるようになるのかもしれません。

村で生まれ育ち、身近な自然全体に命を
養われてきたわたしたちは、
風景や生き物といった一部を切り取って
提供することを善とはしていません。
自然と混ざりあって生きてきた持続可能な
人の営みを通して
暮らしと地続きの自然を、
人間との深いつながりとともに
感じていただくことを目指しています。
ACCESS
アクセス
やんばるホテル
南溟森室-なんめいしんしつ-
謝敷-じゃしき-
〒905-1426
沖縄県国頭郡謝敷161
沖縄マップ
沖縄マップ
INSTAGRAM
インスタグラム
.
【やんばるホテル南溟森室】

2022年8月にグランドオープンした
やんばるホテル南溟森室。

周りに広がってるいるのは”手付かずの自然”ではなく
私たち祖先、生きとし生けるもの全てを涵養してきた
やんばるの森。

人間の営みと地続きの自然、
自然と地続きの人間の営みが今も残る集落での時間には
過去を振り返っているようで未来を見ているような
奥行きがあります。

人目につかない静かな場所で、
雄大な自然と長い歴史の一部となって身を委ね
その一部に溶けていく。

ここに息づく果てしない安らぎと豊かさを
お部屋で過ごす時間やプライベートアクティビティを通してお届けします。

#やんばるホテル南溟森室 #やんばるホテル南溟森室withnipponia #nipponia #やんばる #やんばるホテル #世界自然遺産やんばる #沖縄にはまだ奥がある #古民家宿 #古民家ホテル #古民家ホテルリノベーション #NIPPONIA #暮らすように滞在 #沖縄ホテル #japantrip #hiddenjapan #japantravel #yambarunture #yambaru #okinawa_yambaru

.
【やんばるホテル南溟森室】

2022年8月にグランドオープンした
やんばるホテル南溟森室。

周りに広がってるいるのは”手付かずの自然”ではなく
私たち祖先、生きとし生けるもの全てを涵養してきた
やんばるの森。

人間の営みと地続きの自然、
自然と地続きの人間の営みが今も残る集落での時間には
過去を振り返っているようで未来を見ているような
奥行きがあります。

人目につかない静かな場所で、
雄大な自然と長い歴史の一部となって身を委ね
その一部に溶けていく。

ここに息づく果てしない安らぎと豊かさを
お部屋で過ごす時間やプライベートアクティビティを通してお届けします。

#やんばるホテル南溟森室 #やんばるホテル南溟森室withnipponia #nipponia #やんばる #やんばるホテル #世界自然遺産やんばる #沖縄にはまだ奥がある #古民家宿 #古民家ホテル #古民家ホテルリノベーション #NIPPONIA #暮らすように滞在 #沖縄ホテル #japantrip #hiddenjapan #japantravel #yambarunture #yambaru #okinawa_yambaru
...

.
【今朝の津波警報を受けて】

本日、津波警報を受けて
ご宿泊中だった外国のお客様と高台へ避難。
お客様も異国の地での非常事態で、
少し混乱している様子。

集落の方が集まる避難場所に着くと
地域の方が、「トイレはこのお家の使ってね」
「お水いる?バナナ食べる?」と
優しく声をかけてくれたり、
木陰に立っている私たちに
小学生くらいの子どもたちがベンチを
持ってきてくれたり。
ピクニックのような朗らかな雰囲気になり、
お客様も笑顔がでるほど落ち着きを取り戻しました。

また、英語が話せる地元の方が、
「ここは昔から聖地で、
きっと私たちを守ってくれますよ」
と声をかけて一緒に御願もしていただき、
集落のコミュニティの温かさと
ウチナーンチュの懐の深さに触れる経験になりました。

今回、幸いやんばるは大きな被害もなく、
お昼頃からは通常の日常に戻ることができました。

朝からちむわさわさして落ち着かない心に
そっと寄り添ってくれた本日の夕日を
共有させていただきます。

同じ海でつながっている台湾の方々にも
一刻も早く普段の生活が戻りますように。

.
【今朝の津波警報を受けて】

本日、津波警報を受けて
ご宿泊中だった外国のお客様と高台へ避難。
お客様も異国の地での非常事態で、
少し混乱している様子。

集落の方が集まる避難場所に着くと
地域の方が、「トイレはこのお家の使ってね」
「お水いる?バナナ食べる?」と
優しく声をかけてくれたり、
木陰に立っている私たちに
小学生くらいの子どもたちがベンチを
持ってきてくれたり。
ピクニックのような朗らかな雰囲気になり、
お客様も笑顔がでるほど落ち着きを取り戻しました。

また、英語が話せる地元の方が、
「ここは昔から聖地で、
きっと私たちを守ってくれますよ」
と声をかけて一緒に御願もしていただき、
集落のコミュニティの温かさと
ウチナーンチュの懐の深さに触れる経験になりました。

今回、幸いやんばるは大きな被害もなく、
お昼頃からは通常の日常に戻ることができました。

朝からちむわさわさして落ち着かない心に
そっと寄り添ってくれた本日の夕日を
共有させていただきます。

同じ海でつながっている台湾の方々にも
一刻も早く普段の生活が戻りますように。
...